森雅史(もり・まさふみ)の Football Is Alive

サッカー記者の取材裏話らしきものや緩いもろもろに加え、大好きなガジェット系や音楽系のお話しなど。試合や選手などに関することは記事の配信先に配慮して、数日経ってから更新します。

【2019アジアカップ】ドバイのもう一つのスタジアム

ドバイの試合会場は2つとも地下鉄の駅が真横にあります。日本の会場とは別のスタジアムに、韓国vsバーレーンを取材に行ってきました。

アブダビ、アルアインに比べると、シャルジャやドバイではほぼアジアカップのニオイがしなかったため、 大会がスケールダウンしているのではないかと思っていました。すると!!

DSC00512
すごいメディアセンターでした。しかもどうやらこの大きさでプレハブのようです。相変わらず空調効き過ぎという、地球に厳しい場所です。

試合後、バーレーンのファンは大型バスに乗り込み移動していました。韓国のファンが赤いユニフォームを着て移動していたので、やっと大会っぽい雰囲気に。ワールドカップに比べると、自国のユニフォームを着て街をウロウロする人が少ないから、盛り上がりが見つけられないのかもしれません。たしかにカンドゥーラと呼ばれる男性の衣装ばかりですから、サッカーを見に来たのか日常なのか、見分けが付かないんですよ……。 

【2019アジアカップ】スタジアムの近くのホテルに引っ越したら……

毎日通勤に往復3時間以上かかるという場所から、スタジアムの近くのホテルに移動しました。今度はここで3泊します。ドバイでの練習、スタジアムでの前日会見と公式練習、試合当日と、それぞれ近くなったことで少し時間ができそうです。

やって来たホテルは、なんと!!
DSC00508

DSC00509

DSC00510

DSC00511
おおお!! これまで泊まったところで一番高級! しかもこの付近だと一番安い!! と言っても一泊1万円ぐらい。お湯も、日本ほどドバドバは出ないけどしっかり出るし、シャワーは極細で気持ちがいいし、テレビのモニターには名前まで出てるし。 さぁこれでちょっとのんびり……と思っていたら!!

なんと、日本代表の練習場はシャルジャ! 前日公式練習はスタジアムの芝の保護のため別会場で!! シャルジャの練習場まではタクシーで行くしかなくて、70AEDぐらい!!! うーん、ホテルがよくなると不便になるの法則にハマっている気がします。 

【2019アジアカップ】サウジアラビア戦はみんなバタバタでした

サウジアラビア戦はみんなバタバタでした。

DSC00507
メディアセンターのドアを開けると

DSC00506
記者会見室用に新しい椅子を用意しているところ。試合当日には珍しい風景です。どうやら日本の報道陣が多いからと言うことで急きょ用意したようです。

試合が終わると、スタジアムはさらに忙しさが増します。取材して記事を書かなければいけないのはもちろん、大混雑している中でのホテルまでの交通手段の確保、翌日からのホテルの手配、次の試合の取材の申し込み、洗濯物の取り込み、荷物のパッキングなど、あまり試合の余韻に浸る暇はありません。

ホテルは事前に予約し、無料でキャンセルできる間にキャンセルすることが多いのですが、無料キャンセルが試合後にできない場合は、諦めて最初の一泊分のお金を払うか、あるいは試合が終わった後に急いで予約するかという二者択一です。

今回はシャルジャでベスト16、準々決勝でドバイと、隣の町の開催なのでドバイにずっと宿を取っておけばまだゆっくりできたのでしょうが、なんせホテルがどちらのスタジアムからも遠い!! なので、次の試合会場の近いところに移動することにしました。

まぁでも忙しくても、これが負けて帰国するのだったらホテルの予約の代わりに帰りの飛行機の便の変更や、変更できた日付によってはそれまでのホテルの確保や、一気に判断する材料が増えるのでまだましです。それに気持ちは勝つのと負けるのでは全然違いますから!!
 

【2019アジアカップ】ドバイ・シャルジャ・タイムトライアル!!

試合会場から遠くに宿を取ってしまったため、どの方法ならどれくらい移動に時間がかかるか、知り合いの方々とタイムトライアルをして見ました。

1. 地下鉄とバスを乗り継ぎ、バス停からスタジアム(実施済み
2. 地下鉄で行けるところまで行って、そこからタクシーでスタジアム
3. メディアバスでスタジアム

今回私が「2」、知り合いの方々が「3」でスタジアムに向かってみようと思います。

インターネットシティ駅からユニオン駅で乗り換えてエティサラット駅へ。エティサラット駅は地下鉄を降りてから出口までの距離が長いのですが、出た所にはタクシーが何台も待っていたのでスムーズに乗車できました。 

ところがエティサラット駅からシャルジャ・スタジアムまでの道が混んでいます。20日は日曜日だったので、どうやらみんな出かけているのだとか。7車線のうち、5車線が乗用車用、2車線がトラック用なのですが、どれも横浜町田から厚木ぐらいのイメージで混んでいます。

で、結局スタジアムに到着したのはホテルを出発して1時間48分後でした。料金は地下鉄が7.5AED、タクシー代が63AED。日本の試合日は月曜なので午前中は渋滞がないそうですが、ハマるとイライラしそうです。

では「3」の方々はどうだったかというと……バスが来なかったそうです(笑)。 

【2019アジアカップ】インターネットシティの夜

泊まっているホテルがあるのは、インターネットシティ駅。サイバーな名前ですが普通の街です。ただ、地下鉄を降りて見えるのが、

DSC00500
こんな2つの塔だったりして、厳かというか、ゴッサムというか。

歩いて帰る途中に「アラブ・中華・インド料理店」という、何を食べてもおいしそうな店がありました。
アボカドサンドを頼んだら、

DSC00505
中身、アボガドだけです(笑)。アボガド好きだからいいんですけど。これで23AED。やっぱりドバイはちょっと高いかな。 

【2019アジアカップ】これはどうやって交通費を安くあげるか

メディアシャトルが出ていない、遠いメディアホテルに泊まってしまったので、往復の交通費をどうやって安くあげるか気を付けなければなりません。位置関係としては、

ホテルーーーーーーーーーードバイバスステーション ーーーーーーーーーーシャルジャスタジアム

という感じで、ドバイバスステーションからホテルまでがタクシーで70AED、ホテルからシャルジャのスタジアムまでが140AEDでした。ここはいろんな交通手段を組み合わせたほうが良さそうです。

まず、シャルジャのスタジアムからシャルジャのバスステーションにタクシーで行きます。これが15AEDぐらい。そこでドバイバスステーションまでの切符を買います。これが10AED。

ここで初めて切符を買う人は、窓口で銀色のカードを見せられますから、それも必要だと言いましょう。僕は頷くとわかってもらえました。

DSC00494

DSC00495
SuicaとかICOCOAとかSUGOCAと同じです。料金は25AEDですが、そのうち19AEDは料金としてチャージされています。

2階建てのバスで、僕の場合はユニオン駅行きに乗り終点まで。

DSC00496

DSC00493

ユニオン駅で降りると、地下鉄の入り口があります。ここはドバイの地下鉄「レッドライン」「グリーンライン」がクロスするところですので、どこに行くにも便利です。

DSC00497

地下鉄に乗ると、こんなサインがありました。
DSC00498

間違って非常ボタンを押すと罰金2000AED。中で飲食をすると罰金100AED。その右は日本人には居眠り禁止に見えますが、チューインガム禁止です。

DSC00499
もちろん喫煙禁止。こちらの罰金は200AEDとなっています。

携帯はみんなかけています。禁止するようなマークも見ませんでした。

さて、これでホテルまで帰ると、タクシー代15AED、バス代10AED、地下鉄代(3ゾーン)7.5AEDで、合計22.5AED。時間は1時間30分ほどかかってタクシーよりも40分は長いのですが、帰りなどならよさそうです。

 

【2019アジアカップ】アジアカップはどこに?

シャルジャ・スタジアムに来ると、ものものしいまでだったアブダビやアルアインと違い、こぢんまりした大会が行われているような気になります。タクシーに乗っても誰も大会のことを知らないし、大きな経済の中に埋もれている気がします。

でも、確実にサッカーはあるようで、スタジアムの隣ではサッカースクールが行われていました。

DSC00492
 
緩いんですよ。日本風に言えば。それで子どもたちが楽しそうなんです。それがとてもいい。歯を食いしばるのは、自分で歯を食いしばろうと思うようになってからでいいはずです。 

【2019アジアカップ】ドバイは活力に溢れてというか

アブダビ、アルアインの次にドバイに来て、大きな違いを感じることがあります。それは横断歩道。

アブダビもアルアインも、歩行者は車を気にすることなく歩き、歩行者が横断しようとしていると車は多くの場合で当然のように止まりました。ですが、ドバイではまず車が突っ切ってくるので、歩行者がものすごく慎重に渡っています。

また、アブダビやアルアインとほぼ同料金のホテルに泊り、しかも設備は一番いいのですが、今日部屋の清掃に入る前に床に小銭を置いていたところ、サクッと消えていました。アブダビでは机の上に置いてあり、アルアインは清掃に来ませんでした(笑)。つまりこのホテルはなかなか気が抜けないということです。外出のときは、しっかりトランクに詰めて施錠していくほうが良さそうです。

また、今日地下鉄に乗って気付いたのですが、いくつか駅を行ったところに「ドバイ・モール」があります。 男性ファッション関連の店ってどれくらいあるのかな、とサイトで見たところ、1064店という結果でした。一つの店を1分で見終わっても、1064分=17時間44分かかります。10時から0時前の14時間営業ですから1日では見終わりません。海と砂漠の国だけど、きっとこのモールは「沼」。行ったら抜け出せそうにありません。

そう言えば、今日乗ったタクシーのドライバーさんが「なんだ、仕事でしかドバイに来たことがないのか。ここは休暇で来るとすごいものがあるぞー」と笑ってました。エキスポも入場料が15AEDなのだそうです。あぁ、いつかは休暇で来られるようになりたい。その前に休暇が取れるようになりたい。 

【2019アジアカップ】やっぱりアジアカップにはワナがあった!!

今回泊まったホテルはメディアホテルのすぐ隣。メディアガイドには10時と11時にメディアホテルからシャルジャのメディアセンターにシャトルが出ると書いてあります。ありますが……。

来ません。慌ててタクシーを拾い、日本代表の練習場に駆けつけました。なんと140AED!! ドバイからアブダビまで250AEDから300AEDと言われていますから、その半分の距離を走ったことになります。

これはどうなってるのか……。と確認するために、メディアセンターにやって来ました。
_DSC0540

シャルジャのメディアセンター、狭いです。これは席取り合戦が起きます。

_DSC0544
出迎えの人たちはとても親切だったんですけどね……。

メディアシャトルについて聞いてみると、なんと、メディアシャトルそのものがなくなっているそうです。「近くにいいホテルがあるのに」と言われたのですが、後の祭。どうやらドバイのメディアシャトルもないようです。フリーダムすぎる、フリーダムすぎるぞUAE!!

せっかくいいホテルに泊まることができたと喜んでいたのに、これでは何のために借りたのやら……(号泣) 

【2019アジアカップ】やっぱりドバイは違う感じ

世の中のいろいろな欲望は途切れることがありません。でもね、イスラムの国がこれはダメなんじゃないでしょうか。

_DSC0537

そういえばアルアインでもアパートメントのエレベーターに、どう考えても宿泊客じゃない、部屋のカードキーを持たない女性が2人乗り込んできました。西洋化されているというのでしょうか。


【2019アジアカップ】海外に来たらケンタでしょ

海外旅行をすると必ず1回食べたくなるものの一つがケンタッキーフライドチキンです。だって日本に比べると安いから!!

と思って探したのですが、
_DSC0535
チキン3つ、ポテト山盛り、パンズ、コールスロー、ドリンクMのこのセットで27AED。約810円ですから、日本よりちょっと安いぐらいでしょうか。ただ、チキンはサイズが小さいと思ったのでしょうか、4つ入ってました。

……パンズ、諦めました。 もうしばらくケンタは行かなくていいや。やっぱり1回の旅に1回ケンタです。

【2019アジアカップ】ドバイは活力に溢れています

今回、短期間でアブダビ、アルアイン、ドバイと回り、この中ではドバイが一番活気があるのがわかりました。ただ、そのぶん人が多く、ちょっと殺気立っていて、落ち着いたアブダビとはまるで違う気がします。

_DSC0520
泊まっているホテルの近くも高層ビルで一杯です。少し歩くと高級住宅街っぽいところでした。もしかしたらこっちだと高級じゃないのかもしれませんが。

それでも開発されていない部分を見ると
_DSC0524
まだまだ広大な土地が広がっています。日本とは違って砂ですが。

_DSC0534
この砂地に、こんなきれいな緑地を作っている努力がすごいと感じます。 

【2019アジアカップ】ドバイにやって来ました〜!!

バスでドバイ到着です。行く場所の距離感がわからなかったので、ここは贅沢をしてタクシーへ。すると70AEDもかかりました。

さて、到着したホテルはレビューで「もう二度と泊まらない」「これまでで一番悪い」と書かれていたホテル。中に入ってみると……

_DSC0511

_DSC0512

_DSC0513
あれ? 何かこの度の中で一番いいホテル。アルアインのアパートメントと同じぐらいの料金ですが、ホテルの清潔感があります。

どれどれ、といろいろチェックすると、確かにシャワーのお湯の出が悪い。そして夜は下のロックバーの音楽がかすかに響いてきます。でも、これ以下の経験はこれまでも繰り返しているので、そんなに気になりません。

も、もしかして今回はハマってないのかも!! 

【2019アジアカップ】アルアインのバス停からドバイまで

2017年にドバイからアルアインまでのバスには乗ってみてました。今回はアルアインからドバイまでバスで行ってみます。

アルアインバスステーションは、ノンビリした雰囲気のアルアインとは少々違ってます。

DSC00489
付近には人が溢れ、「1AED〜20AED」なんて書いた安売りの店がいくつも建ち並んでいました。もともとUAEにはインドの人やパキスタンの人が多いのですが、 ターバンを巻いた人がたくさんいたので、この日はインドの人が多かったかもしれません。

バスステーションに入ると、手前のカウンターではなく奥のカウンターまで行きます。
DSC00490

ここで「ドバイ」と行き先を告げ、20AEDを支払い、紙をもらって隣のベンチで待ちます。

DSC00491
これがバスステーションの一番奥。さすが庶民の乗り物だけあって、係員に一切の愛想はありません。

時間が来ると「ドバイ」と係員が叫び、バスまで連れて行かれます。いつもどおりの小さなバスで、乗る際にお金を支払った際の紙は取られてしまいますから、領収書はありません。

大きなトランクは運転手の横に積みます。これは早い者勝ちで、そこに荷物が載せられないと、1時間後の次の便を待つことになります。座席は前方が女性、真ん中がカップル、後ろが男性。日本のバスに比べると座席が狭くボロいので、大変座り心地はよくありません。大体1時間30分から2時間ぐらいの行程ですが、途中にトイレ休憩はないので、乗車前に済ませるようにしましょう。

また、時間どおりには発車しません。助手席まで使ってギチギチになるまで待ってドアが閉まります。運転手が乗ったら出発です。あとは隣の人と肩を触れ合いながらひたすら我慢です。

【2019アジアカップ】日本が1位通過したので……(追記あり)

(準々決勝の場所が間違っていました。アブダビではなくてドバイです)

日本の1位通過おめでとう!! 対戦相手の問題もありますが、日程で考えるとベスト16に勝ったとき、次の準々決勝まで中2日という一番苦しい戦いが待っています。ただ、そこを乗り切れば、準決勝から決勝までは相手より1日多いというアドバンテージがもらえます。

対戦相手を考えると、反対の山には開催国のUAEや韓国がいて、こちらの山にはイランがいますから、あまり違いはないかもしれません。ただ、BBCアラビックの記者が優勝候補に挙げていた、イラン、韓国、サウジアラビアのすべてを倒さないと優勝できない可能性がありますから、ここで勝てば堂々とアジアのチャンピオンと言えるでしょう。

移動について考えると、1位で通過したので、これからシャルージャ、ドバイ(アブダビと間違って書いていました)、アルアイン、アブダビと毎試合移動することになります。2位通過だったら、アルアイン、アルアイン、アブダビ、アブダビという予定でしたから、これが一番大変かも。

ということで今日、ドバイに移動します。シャルージャにはドバイから通う予定です。さて、そろそろどうやって行くか考えなければ。

ホテルは高いメディアホテルの近くの安いホテルに滞在し、メディアシャトルを利用しようと思っているのですが、予約した後にカメラマンさんに聞いたところ、どうやら予約したホテルの口コミが最悪な様子。「もう二度と来ない」「これまでで最低」というレビューが続いていました。しまった、全然チェックしてませんでした。

これまでいろいろひどいホテルには泊まったことがありますが、はたしてそれを下回るところなのでしょうか。そんなホテルに向かう旅はちょっと気が重くなります……。 

【2019アジアカップ】平成最後のアジアカップが見られない

全とっかえした日本がウズベキスタンを下しました。森保一監督、無敗伝説継続中です。

DSC00488
スタジアム横の丘には登って上から観戦する人たちがいました。

今日ミックスゾーンにいると、UAEのメディアから「日本ではこの試合はタダで見られるのか?」と聞かれました。「見られる」というと、彼らはお金を払わないと見られないのだそうです。

それは試合の放送権をカタールの会社が持っているから。「カタールと周りの国の関係がよくないからではないのか?」と質問すると、「関係がよくても有料。彼らは有料でしか見られないようにした」ということでした。

そう言えば、UAEに来てからテレビでダイジェスト番組などを見たことがありません。試合の放送もホテルでは見られなくなっています。中東に来ると、いつも試合が終わった直後のレフェリングの検証番組から夜の討論番組まで延々と話が続いているのに。

せっかく平成最後のアジアチャンピオンが決まるというのに、地元の人たちが見られないという、ちょっと残念なお話しでした。平成関係ないかもしれないけど。 

「みんなのごはん」しばらく会えないのかと寂しくなった選手

本日「みんなのごはん」でまた一本記事を公開していただきました。ここまで続いているのも読んでいただいているみなさまと、守り続けていただいている中の人のおかげです。本当にありがとうございます。

今日は2011年アジアカップでの活躍が忘れられないこの方に登場していただきました。
 
スクリーンショット 2019-01-17 10.02.18
オレだけが苦しめば良かったのに……細貝萌がW杯代表に落選した後に起きたこととは

昔、細貝選手と最初に話したときの言葉が「僕は人から期待してるって言われたこと、あんまりないんですよ」というものでした。地味な仕事を厭わず淡々とこなし続けるプレーヤーですが、話していても大人しい言葉ばかりが並んでいたと思います。

このインタビューでも昔と変わらない淡々とした言葉が続きましたが、ワールドカップメンバーから漏れてしまったときの話のときだけは、少し話がとぎれとぎれで、今なお苦しんでいるのだろうという気がしました。

ご高覧いただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。
 

【2019アジアカップ】アルアインには2つスタジアムがあって

アルアインには新旧2つの稼動しているスタジアムがあります。日本は昔からあるほうのスタジアムでウズベキスタン戦を戦い、もし2位通過するとベスト16でも同じ場所でオーストラリアと戦うことになります。

このスタジアムの側には岩山があります。

DSC00480

DSC00484
ゴール裏の岩山には登るための道路も階段もあり、どうやら試合も覗けるようです。

アルアインから見える丘や山は、みんなこんな色をしています。こちらでは岩山のことを山と言うのかもしれません。 

【2019アジアカップ】砂漠が似合う男といえば……

本日、前日公式記者会見です。

DSC00478

記者会見では日本語、英語、アラビア語で質問が行われます。日本語の質問の場合は日本のメディアオフィサーの種蔵さんが訳し、アラビア語のときは通訳が英語にして無線でレシーバに飛ばします。英語のときはそのまま。つまり英語に訳されたらそこで終わりで、英語の質問を種蔵さんが訳すことはありません。するとクセのある英語の場合、意味がわかるのにちょっと時間がかかったりします。

さて、そんな記者会見場にはこの人がいらっしゃいました。

DSC00479
日本人記者団で一番砂漠が似合う(当社比)宇都宮さん。ベストも砂漠色ですし、バッグも砂漠の色です。このまま地面に伏せていたら、きっと誰もわかりません。そんなに砂漠に同化して何をしているのか不思議ですが、きっと教えてはくれないでしょう。

 

【2019アジアカップ】大会を支える日本人スタッフ

アルアインのメディアセンターには日本サッカー協会の2人が常駐しています。

_DSC0506
その容姿から「ホスト系協会員」と呼ばれる(?)お2人は、アジアサッカー連盟からの協力要請に応えて派遣されています。UAEにやってきたのは2018年12月28日。年越し蕎麦はカップラーメン、簡易おせちを食べて大会に備えていたそうです。

お二人の役割はアルアインのカリファスタジアムでメディアの様々な要求を整理すること。なかなか厳しいリクエストを出してくる人たちもいるそうで、久しぶりに日本語がたっぷり話せたと喜んでいらっしゃいました。

それにしても、どうしてアルアインの滞在が長いのに、そんなに髪をしっかりセットできているのでしょうか……。

 
最新記事
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

森雅史