みなさまのおかげで、また一本記事を書かせていただくことが出来ました。本日、いつもの「ぐるなび」さんに城彰二さんのインタビューを掲載していただきました。

54
日本代表だったプライドと傲り……城彰二の人生が変わった瞬間

インタビューを終えたときの正直な感想は「ここまでアブラが抜けたのか」でした。現役時代、お話しをお伺いしていたときは、いつもギラギラ。それがストライカーっぽくて好きでした。

このインタビューで語っていらっしゃるように、現役時代にも大きな変化はあったと思います。 その変わり方は取材していてもよくわかるものでした。それでも、久しぶりに会ってお話しをすると、そこからさらに抜けたというか、超えたというか。

自分の見つめ直し方が厳しくて、それを乗り越えたからこそ、こんなに淡々とお話しになれたのだと思います。 このお話を聞き、外的要因に目を向けている自分が恥ずかしくなり、とても反省させられました。

 
どうやら城さんは、ずいぶんグルメ方面にもお詳しいようでした。今回は「ぐるなび」の中でこの連載を守ってくださっている方にも、ちょっと安心してもらえたかもしれません。 そしていつも読んでいただいているみなさまのフォローおかげで、続けられています。本当にありがとうございます。