本日、ヨコハマ・フットボール映画祭2017に行ってまいりました。入り口付近にはお馴染みのアヤシイ人々が。
_DSC7304
一番左が実行委員長の福島成人さんです。

さて、本日見た映画は2本。

最初は「Trainer!」。会場のブリリア・ショートショート・シアターは130席あるのですが、売り切れでした。ドイツ下部リーグの監督たちを追った骨太のドキュメンタリー作品で、開始早々うまくいかない監督、うまくいかないまでも何とか終盤まで持ちこたえてきた監督、そして昇格争いの監督と3人が詳しく描かれています。メディアとの戦いも描かれていたりして、シビアなところにスパッと切り込んでいます。見終わった後にはなかなか考え込まされました。


続いて「スナカリ」。ネパールの少女の名前です。これもドキュメントですが、省略部分も多いので(特にエンドロールもなく終わってしまう部分にはビックリ)、突っ込みたくなることもあろうかと思います。ですが、その中で描かれているネパールの人たちの暮らしぶりや、サッカーが好きな思いというのは、サッカー民族の人たちにはたまらないと思います。

両方ともしっかり楽しもうと思ったら、多少の字幕のミスには目をつぶることが必要でしょう。ストーリーそのものは美しいので、慣れるとあまり気にならないと思います。

この ヨコハマ・フットボール映画祭2017は17日まで開催されています。今回、「Trainer!」を見られなかった方はもう一回上映があるみたいです。


さて、この映画祭で「これはミスではないか」と思うことが一つ!   映画の前に、おいしそうなガラナ・ブラックのCMが放送されています。ところが会場でガラナが売ってない!! ものすごく飲みたくなりますので、ご注意ください!!