またみなさまのおかげで一本ロングインタビューさせていただくことができました。いつも読んでいただいてありがとうございます。

今回ご登場いただくのは、早野宏さんです。
15
最初はダジャレなんて言ってなかった……早野宏史をいまも走りへと駆り立てる「逃げない」哲学

今回のインタビューをするときに、どうしても聞きたいと思っていたことがありました。それは、またオファーが来たら監督をやってみる気はあるのか。というのも、僕は早野監督にはいろいろ教わったからです。

試合前に報道陣の前に顔を出してくださるので、そこでし合いについてかなりツッコんだ話ヲさせていただきました。そんなとき、真っ正面から答えてくださる監督でした。そのおかげで試合を見るとき、何がポイントかわかりやすくて、サッカーの理解を深めることができたと思います。

ただ、人当たりがいいぶん、いろいろ揶揄されるのも耳にしたり目にしたりしていました。きっとそういう嫌な情報も知ってしまって、もう監督はこりごりと思ってるのではないか——。

で、実はこのインタビューの監督が話を始める前にそのことを聞きました。そんな流れから始まったのがこのインタビューです。そして答えもいただきました。

また今回も読んでいただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。