みなさま、いつもありがとうございます。おかげさまで、また一本「みんなのごはん」でインタビュー記事を掲載することができました。今回は、まだ週末になる度、テレビの中に顔を探してしまう方にお話を伺いました。ご高覧いただけれ幸いです。

40
栃木で出会ったサポーターが忘れられない……平畠啓史がサッカー番組で本当に伝えたいこととは 

インタビューしているときからやばかったですね。この話しぶりで語られたら、どれだけ時間があっても足りないくらい面白すぎて。ディテールの大切さというのも学ばせていただきましたし、それ以上にサッカーに対する視点というのを勉強させていただきました。

ファンが大きな声をあげることで、また毎週末、平畠さんのお顔を画面の中で見られるようにできないのかと思います。得点場面だけでなく、全体の流れなどを丁寧に追っているあの番組があったからこそ、サッカーへの理解は深まったと思っています。

もう1つ平畠さんのすごいところは、どんな立場の人間に対しても、決して態度が変わらないのです。まるで遠藤保仁選手のよう。自分もそうありたいと、平畠さんのインタビューを終えて最初に思いました。

今回、みなさんが食べ物のことをツイートやはてぶに入れてくださっていて、ここまで「少ない」「薄い」「関係ない」がないので安心しています(汗)。それから、いつも読んでくださっている方の、さりげない優しさに感謝します。 

どうかよろしくお願いいたします。