iPhone XS以降の、SIMフリーにしている機種ではeSIMという機能が内蔵されています。これは物理的なSIMをもう一枚入れる代わりにSIMのデータを内蔵させ、パケット通信はeSIM、通話はSIMと使い分けることができるものです。

ではどういうことができるかというと、eSIMに現地で使えるパケット通信のみのデータを入れておけば、地図を見たりLINEをしたりなどというデータのやり取りを安く使えるのと同時に、wi-fi用のマシンを持ち歩かずに済むことが出来ます。パソコンなどで使いたいときは、テザリングでスマートフォンを基地局にします。

また便利なのは、eSIMはwebで申し込むとメールが送られてきて、手順に従うだけですぐに使えるようになることです。またいろいろな会社から安いプランが出ています。

今回、私が検討したのは、
eSIM2Fly
GigSky
eSIM powered by GigSky

で、最終的にはeSIM2Flyにしました。webで注文し、決済されるとすぐにメールが送られてきて、手順に従うとeSIMがインストールされます。

注意点としては、
・韓国に入った時点で「モバイルデータ通信」をeSIM2Flyに切り替えること
・切り替えた後に「ローミング」をオンにすること
です。

なお、お約束ですので書いておきますが、これはすべてあくまでも自己責任です。試してみて何かあっても私は責任が取れませんので、事前にじっくりお調べになり、試してみてください。