本日、「J論プレミアム」さんの「サッカー、ときどきごはん」で記事を公開していただきました。こうやって連載を続けられるのは個人スポンサーになって支えてくださっているみなさま、読んでくださっているみなさま、そして2019年のピンチの時に声をかけてくださった中の人のおかげです。本当にありがとうございます。

さて、本日はこの方にご登場いただきました。
 スクリーンショット 2020-07-06 7.06.19
9クラブを渡り歩いたが後悔しない……安田理大が悔やむたった一つのこと【サッカー、ときどきごはん】


安田理大選手は、見た目とプレーのイケイケ感からパッと見るとヤンチャかもしれません。実は僕はそう思っていました。ですが実際は非常に落ち着いた人物で、義理堅い人物でもあります。G大阪、フィテッセ、鳥栖時代には日本代表にも選出され、能力が高いのは間違いありません。

ところが安田選手のキャリアを見ると気付くのは、2013年以降、どのクラブも1年で退団していることです。 なぜ次々にチームを変えてきたのか、伺ってみました。

安田選手はその多くのクラブを渡り歩いたことに後悔はないと言います。自分のキャリアにも後悔はないそうです。ですが1つだけ、今でも悔やんでいることがあるそうです。

ご高覧いただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。 


※杉本様に誤字の指摘をいただきました。ありがとうございます!! すぐ修正いたします!!